Koishikawa Music Academy

メニュー

プロフィール

加納 愛実

桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部演奏学科ピアノ専攻卒業。

第9回教育連盟オーディション奨励賞受賞。毎日新聞社主催第47回全日本学生音楽コンクール東京大会入選。第7・8回日本クラシック音楽コンクール入選。第8・9回全日本ソリストコンテスト入選。女流演奏家団体リュール所属、CD「Fantasy」の収録に参加。クラシックピアノを金澤希伊子、横山悦子、ヴィレム・ブロンズ、ジャズピアノを則岡徹各氏に師事。

東京国際フォーラム、銀座王子ホール、ヤマハホール、東京オペラシティリサイタルホール、文京シビックホールなどでジョイントコンサートを行う。また、三鷹市芸術文化センターにてモーツァルトピアノ協奏曲23番を、ミューゼシード管弦楽団と共演する。

2013・14年、「ピティナ・コンペティション新曲事業」にて自作の課題曲が二次審査を通過。日本における大人のアマチュア・ピアノ演奏の発展のため、「大人のためのアマチュア・ピアノコンクール」を発案、企画。審査員も務める。
2015年2月、日本バッハコンクール課題曲候補として自作の作品が採用され、2016年夏「プレバロックコンテスト・入賞作品集」を東音企画より出版。

大学在学中より、東京都の自宅にてピアノを指導。
大学卒業後、絶対音感教育を専門とする「一音会ミュージックスクール」に勤務。その後、小石川ミュージックアカデミーを設立。
指導歴20年。現在に至る。
各種ピアノコンクール全国大会上位入賞者、有名音大合格者を多数輩出。
2015年、ヨーロッパ・ジュニアピアノコンクールにて優秀指導者賞受賞。
プロフィール