Koishikawa Music Academy

メニュー

2019年 4月21日 教室発表会

2019年 4月21日 教室発表会

2019年4月21日、江戸川橋のピアノパッサージュで、教室発表会を行いました。

4歳から大人の生徒さんまで、それぞれに持ち味のある、素敵な演奏を披露してくださいました。

緊張しながらもステージに立たれ、嬉しそうな表情、生き生きとした表情がみられました。

何か表現できることがある、ということは喜びであり、その人の人生をより豊かにすることだな、と改めて感じました。

大人のためのアマチュア・ピアノコンクールや、ブルグミュラーコンクールへの参加を目標に練習されている方。

勉強で忙しい中でも、練習の時間を上手くみつけながら取り組まれている方。

作曲のワークや楽典(音楽に関する知識)など、いろいろな角度から音楽を勉強されている方。

それぞれのペースで、楽しく頑張っていらっしゃる生徒さんたちです。

 

講師演奏では、ドビュッシーの「月の光」「塔」などを取り上げ、ベートーヴェンなど古典の作品とはどんな違いがあるのか、聴き比べクイズをして会場の皆さんと一緒に考えました。

作曲家:ドビュッシー・・・ドビュッシーは音楽の「印象派」を開発しました。色彩の美しさを感じられる作品を、多く残しています。

画家:モネの「睡蓮」・・・絵画の「印象派」の代表作です。ドビュッシーの音楽とも共通点がみられます。

発表会の最後には、ガーシュウィンのラプソディー・インブルーを連弾で演奏しました。

桐朋学園の同級生で、国際コンクールの入賞歴もあり大変活躍されているピアニスト、木村佳野さんと。(冒頭のみ↓)

ガーシュウィンはアメリカの作曲家で、ジャズの要素のある躍動感ある作品が魅力的です。

冒頭の部分は、彼が旅に出て列車に乗り、汽笛や列車の動き出す音を聴いて発想を得たそうです。

講師:加納愛実